【講座番号28】世界とつながる、世界をつなげる-全盲の僕が「よく聴く人」になるまで - 福井大学 地域創生推進本部

福井大学公開講座 講座・イベント情報

生活と教養

【講座番号28】世界とつながる、世界をつなげる-全盲の僕が「よく聴く人」になるまで

2024/03/08開催 受付中


「ユニバーサル・ミュージアム」の実践的研究者である広瀬浩二郎先生が登壇。著書『「よく見る人」と「よく聴く人」』を中心に、自らの人生を通して多様な人々とのコミュニケーションの可能性についてお話いただきます。


講師プロフィール
 広瀬 浩二郎 (国立民族学博物館 教授)   

国立民族学博物館 教授。自称「座頭市流フィールドワーカー」、または「琵琶を持たない琵琶法師」。
1967年、東京都生まれ。13歳の時に失明。筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。2000年、同大学院にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、触文化論。2001年より国立民族学博物館に勤務。2013年8月から2014年3月まで、シカゴ大学の客員研究員として米国に滞在。現在は国立民族学博物館 人類基礎理論研究部 教授。
「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の実践的研究に取り組み、“触”をテーマとする各種イベントを全国で企画・実施している。2021年9月~11月、国立民族学博物館において特別展「ユニバーサル・ミュージアム: さわる!“触”の大博覧会」を担当した。
最新刊の「『よく見る人』と『よく聴く人』共生のためのコミュニケーション手法」(岩波ジュニア新書)をはじめ、さわる絵本「音にさわる-はるなつあきふゆを楽しむ『手』」(偕成社)、「世界はさわらないとわからない」(平凡社新書)など、著書多数。


講座・イベントの詳細

日時

2024年3月8日(金)18:00~19:30

会場

福井大学 文京キャンパス
総合図書館 1階 メディアコモンズ

講師

広瀬 浩二郎(国立民族学博物館 教授)

対象

どなたでも

定員

30名(先着順)

受講料

無料

募集期間

2024年1月22日(月)9:00~3月3日(日)23:59

受講の注意点

・自動車で文京キャンパスに入構される場合、正面カーゲートを通過するための手続きが必要となりますので、時間に余裕を持ってお越しください。正門にある守衛所にチラシまたは受講案内のメールをご提示いただき、公開講座受講者であることをお申し出ください。
・広報(HP、チラシ等)・記録のため、講座中の様子をカメラ等で撮影させていただきます。予めご了承ください。
・申込後にキャンセルされる場合は、開催3日前までにご自身でマイページの申込履歴からご対応をお願いします。

Pagetop